スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2009年02月22日

フラッシュライト比較(ライフル用・後編)

前回のライフル用フラッシュライト比較に続き、
今回はフラッシュライトの「明るさ」を比較していきたいと思います。


比較対象のライトは左から
MTE SSC P7
電源:TR18650(3.7V) × 1本
バルブ:SSC P7 LED バルブ

SureFire M600
電源:RCR123(3.7V) × 2本
バルブ:G&P製Q5 ロング・フォーカス Cree XR-E Q5 LED バルブ

SureFire G2
(1)ノーマル
電源:CR123(3V) × 2本
バルブ:純正P60バルブ(キセノン)
(2)G&P製バルブ+電池セット
電源:RCR123(3.7V) × 2本
バルブ:G&P製9V対応バルブ(キセノン)

Fenix TK-10
電源:RCR123(3.7V) × 2本
バルブ:Cree XR-E Q5 LED バルブ

以上です。
ちなみに現在一般的な高輝度LEDである「Cree XR-E」ですが
LED素子のランクによってかなり明るさが違い、代表的なランクだとP4 < Q5 < R2の順に明るく成っています。

今回は夜戦での平均交戦距離である15m(オタミリ調べ)から公園の石垣に向かって照射しました。
撮影用のデジカメにはFinePix F100fdを使用し、「花火」モードで撮影しております。


SureFire G2
(1)ノーマル
う~ん、SureFireが発売された当初は劇的な明るさに驚いたものですが、
今となってはちょっと物足りないかも知れませんね(^^;


SureFire G2
(2)G&P製バルブ+電池セット
おおっ、ノーマルに比べてかなり明るくなりました!
やはり夜戦で使うにはこのぐらいの明るさは欲しいです。
電池も充電式なので気兼ねなく使えるのも魅力です。


SureFire M600
このライトのバルブはLEDに交換していますが、キセノンバルブとさほど変わらない明るさではないでしょうか?
明るさが殆ど同じであれば、電池の消費量やバルブ寿命を考えるとLEDの方が有利だと思います。
また照らされた際の眩しさは圧倒的にLEDのほうが目に痛い(笑)ので、攻撃用ライトにはコレですねicon01


Fenix TK-10
おおっ、同じCree XR-E Q5なのにG&P製Q5 ロング・フォーカスバルブに比べて周辺光がかなり広くなり、中心光も少し明るくなっています。やはりLED素子だけでなく、リフレクターや基盤の効率も重要な要素ですね。

Fenix TK-10はイカリヤさんで7500円で購入したのですが、バルブだけなのに5700円もするG&P製Q5 ロング・フォーカスが明るさで負けてしまうとはちょっと悲しいです。Fenix TK-10の優秀さに激しく嫉妬(^^;


MTE SSC P7
今回の大本命です!写真ではFenix TK-10とさほど変わらないように見えるかも知れませんが、
実際に見ると中心光が広いのでかなり明るく感じますicon01
ただ、ライト本体に記載されている900ルーメンは勿論、半分の450ルーメンも出ていない気がします。
やはり電源が3.7V電池一本なので仕方ないかも知れません・・・。


うおっ、まぶしッ!!face10
ちょっと怖かったですが、規格外であるRCR123A(3.7V)電池を2本直列に繋いでみました。
おかげで中心光、周辺光共に明るくなって、まさに現時点で最強のLEDライトといった感じです。
近くの手や地面を照らすと反射光が目に痛いです(笑)

定格より電圧が2倍に成っていますが、電流を制限するサーキットボードがライトに組み込まれているので
短期間の点灯なら特に発熱する事も無く大丈夫そうでした。


総評
4つのライトの中では、明るさ・値段・使いやすさを考えると「Fenix TK-10」が1番バランスがいい感じです。
ただ、テープスイッチ等のアクセサリーがまったく無いので拡張性を考えるならSureFireも捨てがたいです。
とにかく明るいMTE SSC P7も1本は持っていたいライトですね。

最近すっかり明るいライトに慣れてしまったので、昔のように真っ暗な所に突撃できなくなりました。
怖いから・・・(^^;  


Posted by e@g1e  at 01:52Comments(3)フラッシュライト

2009年02月13日

フラッシュライト比較(ライフル用・前編)

オレのなまえはe@g1e。光るモノが大好きだ(゚ρ゚)
だけどオールシルバーでミラーフィニッシュのハンドガンだけはかんべんなんだぜ?

それはそうと、いつも夜戦で苛められるので少しでも仕返しをしようと試行錯誤を繰り返しているうちに
いつの間にか集まってしまった20mmレール用のフラッシュライト達を比較していきたいと思います。
今回はオーバーホール中だったHK416のRASにフラッシュライト達をマウントしてみました。
ちなみに記事中の重量は写真の構成での実測値なんだぜ?



SUREFIRE M600 KIT-01 スカウトライト
重量:236.0g
米軍にも採用されているらしいシュアファイア製のガンマウント専用ライトです。
従来のガンマウントライトに比べて軽量化されていて、キセノン・LEDバルブヘッドから
プッシュ・テープスイッチ、IRフィルターまでなんでも揃っているお得なセットです。

それまで使用していたG&PやLayLaxのシュアファイア用テープスイッチがすぐに断線してしまい
肝心な所でライトが点灯せずチャンスを逃してしまった事が何度もあったので、
思い切って耐久性の高そうなシュアファイアの本物を購入してみました。
テープスイッチはフォアグリップに自転車用のチューブで固定しています。

残念ながらナイトビジョンを持っていないのでヘッド部には通常の防護カバーを取付けているのですが
ライトとの間にポリカ板を簡単に挟めるので、執拗にレンズ部分を狙ってくる変態さん対策もバッチリです(笑)
まだ実戦には未投入なので夜戦が楽しみ~~。




SUREFIRE G2 + G&Pテープスイッチ + ダットサイト用QDマウント
重量:246.5g
今までメインで使用していたライトセットで、G&P製の9Vバルブと3.6V充電電池×2個に交換しているので
200ルーメンの明るさを誇る割りに電池代が掛からないので大変経済的なセットに成っています。
ライト本体も樹脂で出来ているので重量が軽かったりといい事ずくめなのですが
唯一かつ最大の欠点がリモートテープスイッチで、今まで何度か断線しています。

フィールドへの行き帰り時には不意の点灯によって電池が減らないように必ずエンド部分を緩めておくのですが
何度も繰り返しているとどうしてもコードの付け根が痛んでしまい、断線してしまうようです。
シュアファイア製のガンマウントライトはその辺りちゃんと考えられている所がさすがですね。




FENIX TK-10 + Viking オフセットマウント
重量:208.0g
最近進歩が目覚しい中華製LEDライトですが、もはや値段はもちろん光量もSUREFIREを越えたと思います。
サバイバルゲームは実戦程劣悪な環境で行う訳ではないので、
特にこだわりが無ければ高品質な中華製ライトを購入するのがお勧めです。

ただ、最近の中華製LEDライトはスイッチを押すたびに光量や点灯モードが変わる物が多いので
実はサバゲで快適に使用出来る物は限られています。
このFENIX TK-10はヘッド部分を回転させて光量を225/60ルーメンに切り替る方式なので誤操作が無く、
プッシュスイッチは半押し状態で点灯が可能なのでオフセットマウントに装着した場合などは
テープスイッチ並とまではいかないまでも、かなりの速さで照らしたい瞬間に照らせます。
これはタクティコウライトにはかなり必要な機能だと思います。

マウントのほうは軽量かつ高さを低く出来るのでかなりプッシュスイッチが押し易い良いマウントなのですが
プラ製なのでライト固定部に亀裂がはいったりしていてちょっと固定が不安です。



MTE SSC P7-C + DD オフセットマウント(レプリカ)
重量:298.5g
現在最強の光量を誇るLED素子「SSC P7」を搭載した公称900ルーメン(笑)のフラッシュライトです。
SSC P7素子は1素子内に4つのチップが集積されているので通常の4倍ほど明るそうなLED素子なのですが
最大光量だと発熱がすごく、素子の面積も大きいので通常の3センチ程の小さいヘッドでは集光しきれなかったりとかなりクセのあるLED素子のようです。

このMTE SSC P7-Cライトは定格より低い電流で動かす事で発熱を抑え、約5センチの大きなヘッドで集光してるので非常にバランスよく纏まっています。
さらに重要なのが照射モードがHighのみの1モードである点で、スイッチを押すたびにモードが切り替る多モードの物はヤフオク等でけっこう見かけるのですが、1モードの物は人気が無いのかあまり見つかりません。
残念ながらスイッチ半押しによる間欠点灯は出来ませんが、その欠点を補って余りある光量ですicon01

このライトに装着しているDD オフセットライトマウント(レプリカ)はこのライトのように本体の直径すべてが20mmでなくデコボコしている場合でもマウント可能なオフセットマウントで、重量も軽くて質も良いので割とお勧めです。

このライトも実戦に未投入なので早く試したいのですが、レンズ部が大きいのでなんとかして保護用ポリカ板を装着しないと高確率で割られてしまいそうです(^^;


総評:
銃に装着して一番カッコいい「SUREFIRE スカウトライト」
キセノンバルブで見易い光の「SUREFIRE G2改」
高品質・大光量・低価格の「FENIX TK-10」
なんだか凄そうな「MTE SSC P7-C」
どれも個性が際立っていて、それぞれの分野に特化しているのが面白いですね(^^)

次回は照射性能比較をお送りしたいと思います。  


Posted by e@g1e  at 02:47Comments(7)フラッシュライト

2009年02月06日

フラッシュライト☆照射比較(ハンドガン編)

先日遂にSUREFIRE 310Rライトを入手したので、ここで手持ちのハンドガン用フラッシュライトの照射性能を比較してみたいと思います。


比較対象のライトは左から
BlackHawk Night-Ops Xiphos NT
電源:CR123 × 1本
バルブ:LED (65ルーメン)

SUREFIRE X200B
電源:CR123 × 2本
バルブ:LED (65ルーメン)

ITI M3X
電源:CR123 × 2本
バルブ:キセノン (125ルーメン)

SUREFIRE 310R
電源:CR123 × 1本
バルブ:キセノン (30ルーメン)

以上です。
カタログスペック上ではM3Xが一番明るく、310Rが一番暗いはずですが実際はどうでしょうか?
今回は拳銃での平均交戦距離である7m(FBI調べ)を基準に夜の公園の石垣に向かって照射しました。
撮影用のデジカメにはFinePix F100fdを使用し、「花火」モードで撮影しております。


1番目:SUREFIRE X200B
Bタイプの特徴である広角照射が活かされていて、広い範囲がムラなく照らされています。
索敵用にぴったりなのでハンドガンだけでなくライフルに装着しても良さそうです。


2番目:BlackHawk Night-Ops Xiphos NT
CR123電池を1本しか使用しないにも関わらず中心照度がX200Bよりも高く、ストロボモードが
付いているので照明が落ちた状態の室内戦などで目くらまし的に使用するのが良いかも判りません。
ブラックホーク社製なので専用のSERPAホルスターがラインナップされているのも魅力です。
※2009/02/06現在ガバ+Xiphos用がラインナップに復活しています。やったね!


3番目:ITI M3X
このライトは焦点調整が可能なのでブラックスポットが無くなるまで集光した状態で照射しています。
前の2つと違ってキセノンバルブなので中心照度が一番高いように思います。さすがは125ルーメンですねicon01
消防士の方に聞いた話では煙の充満する場所だとLEDライトでは光がすぐに拡散してしまい何も見えなくなるのでLEDライトは使用が禁止されているそうです。実際の戦場もやはり煙まみれだと思うので非効率に見えてもキセノンライトはまだまだ現役です。


4番目:SUREFIRE 310R + R30バルブ
こ・・・、これはひどい(笑)
さすがは30ルーメンですね。7mの距離にも関わらずほぼなにも見えません。
LAPD SWATの人達の苦労が偲ばれます・・・。


さすがにこれでは寂しいので、ヤフオクで約2000円で落札したP60バルブ互換の「Cree R2バルブ」
を310Rライトに組み込み、電池もG&P製の充電式RCR123A(3.6V)電池に変更してみました。
なお「Cree R2バルブ」は外周部をかなり削り込まないとライトモジュールに収納できませんでした。


5番目:SUREFIRE 310R + CreeR2バルブ + RCR123A(3.6V)電池
完璧です!この輝きを待っていましたicon01
R30バルブとは雲泥の差です。中心照度は範囲は狭いもののXiphosよりも高く、周辺光もX200Bより狭いけど
かなり明るいという非常にバランスの良いライトに仕上がりました。


ガバメント自体がそうなのですが、骨董品を最新の技術で使えるようにするのってなんだか燃えますよね(^^)
これでGATE-1さんの1Fにオープンした室内戦フィールド「CAMP REX」に持っていっても大丈夫そうです。  


Posted by e@g1e  at 02:47Comments(8)フラッシュライト

2009年01月06日

ガバメント用310Rウェポンライト

「ついに ねんがんの 310Rライトを てにいれたぞ!」


いやー、数年前にこの趣味を本格的に始めた時から探していたレーザープロダクツ社(シュアファイア社の前身)
製のガバメント用ウェポンライト「310R」を遂に入手できましたicon01

この「310Rライト」はレール無しガバメント用3V電源のフラッシュライトで、
6Vの少し長い「610R」ライトは海兵隊等の米軍に採用されていたりで目にする機会が多いと思います。
残念ながら今では既に絶版なので、露出度が高い割りに入手困難なレアアイテムに成っています。

自分の入手した物はレーザープロダクツ製の310Rライトなのですが
シュアファイア製の310Rライトとの違いはハウジング本体の点灯スイッチ形状で、
レーザープロダクツ製の310Rはスライド式で間欠点灯しか出来ないのに対して
シュアファイア製の物はシーソスイッチ式で連続点灯が可能に成っています。

自分はこの事を最近まで知らなかったので、2年程前GATE-1さんにてシュアファイア製310Rライトの
レプリカを発見した時に「レプリカだからってシーソースイッチはひどいわぁ~」と、
とんだ勘違いをしてしまいました。いやー、無知でお恥ずかしい限りです(^^;


ちなみに310Rを入手したと言っても実はヤフオクでライトハウジング部分をのみを入手しただけだったので
マイ310Rが完成するまでには幾多の苦労が待っていました。


まずはメインとも言うべき3Vライトモジュール「L30 Lamp Module」をフロンティアさんにて購入しました。
フロンティアさんはこのようなマイナーで売れなさそうな物を在庫している所がステキです。
残念な事に入手したL30は旧型の根元が六角ではない物じゃないのですが細かいことは気にしません。


そして苦労したのがリモートスイッチ部分で、いっそうの事リモートスイッチ無しの「漢仕様」ライト
にしようかとも思ったのですが、ミニプッシュスイッチとカイデックスの板と靴底補修財で自作してみました。
見た目は少し悪いですが、使いやすさばグンバツでなかなか気に入っていますface01


そしてこのライトをマルイMEUピストルに取り付ける為にMEUのフレーム両側と下部を0.5mm程削っています。
WAガバだライトハウジングも削らないと装着できないそうですが、マルイガバだと本体側の小加工でOKでした。

また、ライトを銃に固定する為には長いピンを持つスライドストップが必要なのですが
これは純正のスライドストップのピンを切り飛ばしてボール盤で穴を開けてから「MR07マウントレプリカ」
専用のスライドストップから取り外した「長いスライドストップピン」を取り付けて作成しました。
ちょっと勿体無いのでそのうち長いピンを太い釘等から削り出して作成する予定です。



いやー、苦労した分感動はひとしおです。学生の頃の夢がようやく夢が叶いました(^^)
今回はハウジングを安く入手出来たので全部で約15000円程しか掛かりませんでした。グヘヘ
あとはサファリランドの610Rか310R対応6004ホルスターを入手しなくちゃ。


これでデルタ兵を名乗っても大丈夫ですよね?(笑)


ちなみにWAガバでSpringfield Armory社の「OPERATOR」を再現する計画が進んでいたりいなかったり・・・。

  


Posted by e@g1e  at 02:24Comments(16)フラッシュライト

2007年07月04日

グラディウス不具合発見!?


ガナーDVD等で大活躍のLEDフラッシュライト「グラディウス」ですが、
特殊装備品の大先輩であるスマッシー二等兵曹さんが持っていたので、真似して購入して以来サバゲに日常生活に大活躍だったのですが先日たまたま不具合?を発見してしまいました。

それは「磁石を近づけると盛大にフラッシュ!icon12」というものです(^^;
自分の持っているグラディウスの場合は丁度「BLACKHAWK!」の文字の後ろあたりに近づけると後部のプッシュスイッチを押していないのにライトが点灯してしまいます。


サバゲや日常生活では笑い話で済むのですが、
実際の戦場や犯人逮捕の現場でライフルなどにこのライトをマウントしていて思わず磁力を帯びた物にライトが接触してしまった場合、不意にライトが発光してしまって相手に発見されてしまったり
発見されなくても精神的に動揺してしまって場合によっては命に関わるような気がしますが、
自分は兵士でも警官でもないので関係ないといえば関係ないですね(^^;

関係ないついでにこのライトにはストロボ機能という1秒間に16連射並みに激しく点灯・消灯を繰り返す機能があるのですが、自分のお世話になっている夜戦のフィールドでは使用禁止になっています。

その理由は以前スマッシー二等兵曹さんがこのライトのストロボ機能を使用していた所スマッシーさんのチームの隊長さんに「おまえはバカか!ここには木に登って待ち伏せする人が居るのに、目が眩んで木から落ちたらどうするんだ!!」と大声で怒られた為です(^^;

その当時は納得していましたが、今になって考えると木に登るほうが危険な事で根本的に論点がおかしい気がするのは自分だけでしょうか?(笑)  

Posted by e@g1e  at 01:08Comments(0)フラッシュライト

2007年06月26日

秘密兵器 遠隔ライト!



「あったらいいな」を実現するオタミリBlog!です。
日本橋のシリコンハウスという電子工作部品屋さんで販売している4chリモコンキット(約7000円)を使用して
遠隔操作できるフラッシュライトを作成しましたicon01

ライト本体はシュアファイア6PにG&Pの充電電池セットを組み込んでいて、アルミのボックス内にはリモコン回路の他にリモコンリレーを動作させる為に単4充電電池を10本(12V)を組み込んでいます。
裏蓋の部分には不要になったハードディスクより取り出した強力磁石(システマの赤モーターと同じ物です)をネジ留めしているので色々な所にくっつけられます。

前回の夜戦はこの秘密兵器を駆使して大活躍したのですが、リモコンのボタンが小さすぎるのでグローブをしていると操作しずらいのが欠点ですね。
ESSTacの横マルチカムポーチに丁度良い大きさなので重宝しています(^^)  

Posted by e@g1e  at 23:48Comments(1)フラッシュライト

2007年06月19日

ライトレンズ保護加工

ヤフオクを見ているとたまにレンズが割れてしまったフラッシュライトが出品されているのを見かけますが、
インドア戦などをすると思ったより高い確率でフラッシュライトに被弾してレンズが割れてしまいます。
そこで今回は簡単・安上がりで効果絶大なフラッシュライト保護加工をご紹介します。
自分もこの加工をしていたおかげで、ガバメントにマウントしたM3Xライトのレンズが割られるのを防ぎましたicon01


用意するもの:
ポリカーポネート板(1mm):約600円(東急ハンズ)
ローターチューブ(熱収縮チューブ)  ストレートバッテリー用 64.5mm巾:約600円(イーグル模型)
以上の2つです。
熱収縮チューブは大きめのほうが収縮時に皮膜が厚くなるので64.5mm巾のものを使用しています。

加工方法ですが
①ポリカーポネート板をハサミなどでライトの外形にそって円形に切り抜きます。
完全に真円でなくてもライトの外枠よりはみ出ていなければいいと思います。



②切り抜いたポリカーポネイト版をレンズの上に置き、熱収縮チューブを適度な長さに切ってライトに被せます。
熱収縮チューブは短いと取り返しがつかないのでケチらず少し長めに切るのがコツです。



③ドライヤーなどで右の画像のようになるまで熱します。
一点だけを暖めずに低温でゆっくり全体的に熱せば片側だけ変に収縮したりする事もないでしょう。もし失敗してしまったらハサミなどで熱収縮チューブを切り取って、何度でもやり直しができます。


④レンズの内側に2~3mm程の幅を残して不要な部分を切り抜きます。
おおまかにハサミで切り抜いて細かい部分はカッターで作業すると綺麗に仕上がりますが、勢い余って切り過ぎないよう慎重に作業しなければなりません。



⑤もう一度切り取ったあとをドライヤーで熱して平らな床などに押し付けます。
これで熱収縮チューブが綺麗にライトとポリカ板が密着されていれば完成です。
慣れれば一個当たり10分程でできると思います。
ライト点灯時に若干熱収縮チューブの切り口の影が出てしまいますが殆ど気になりません。



自分の持っているライトでサバゲでよく使用するものには全てこの加工を施しています。
単純にガムテープや接着剤でポリカ板とライトをくっ付けてけてもいいですが、ホルスターやポーチに入れて何度か取り出しているとどうしても外れてしまいます。
気に入らなくなったら熱収縮チューブを切り取ればすぐ元に戻せるので便利ですねface02  

Posted by e@g1e  at 02:47Comments(0)フラッシュライト