2007年12月21日

XSサイト for グロック

ご無沙汰しております。
仕事が忙しかったり、普通自動二輪免許を取りに行ってたり、風邪で寝込んでいたりで
なかなか更新できませんでしたface07

この度遂に米国からXSサイトさん達が届いたので、早速グロック17,19,26用の
「GL-0001S-5 24/7 Big. Dot Tritium Express Set」をマルイ電動グロック18Cに取り付けてみました。

これはフロント・リアサイト共にトリチウムで自然発光するセットで、
フロントサイトは視認性の良いビッグドットに成っています。


XSサイトはもちろん実銃のグロック用の為、電動グロックへの取り付けは一筋縄ではいきませんでした。


とりあえずフロントサイトを取り付ける為に、既存のくぼみをリューターで貫通しないように加減しながら広げてからM2.3のネジで止めて、隙間をプラリペアで埋めました。

そしてリアサイトはスライド脱着用のレバー?をM2.6のネジで固定して、
サイト自体はそのままスライドの切り欠きに押し込みました。
XSサイト自体が調度良い大きさだったので、リアサイトは特に苦労する事無く取り付け可能でした。


構えてみた感じでは、評判通り非常に素早く標的に狙いを合わせる事が可能で、
自然に構えると自然に照準が合っている感じです。
やはり大きなフロントサイトが非常に見やすい事が影響していると思われます。

ただ、リアサイトは暗い場所ではトリチウムが自然発光して見やすくて良いのですが、
逆に明るい場所だと薄緑色のリアサイトの縦線は若干見づらいです。
昼間の使用が多い場合は通常の白縦線入りのリアサイトのほうが良いかもしれません。


明るい場所と暗い場所での比較です。
暗い場所でのサイトの光量ですが、見えづらいほど暗くもなく、眩しいほど明るすぎる事もないので
ちょうど良い明るさです。

今週末の夜戦「電動だらけの拳銃大会 ポロリもあるよ!」略して「ポロリ戦」では
このグロックが大活躍する予定ですface01

つづく




同じカテゴリー(ハンドガン)の記事画像
マカロフ実物グリップ取り付け
邪悪なグリップ
10-8ガバ用リアサイト取付け
自作レーザーグリップ for WA Para HRT
SIG GSR
メインガバ再構築
同じカテゴリー(ハンドガン)の記事
 マカロフ実物グリップ取り付け (2015-02-01 00:05)
 FIREBALLさん作 電動ソーコムMK23 フルストロークブローバック 試作 (2014-08-04 21:58)
 邪悪なグリップ (2013-09-13 04:44)
 10-8ガバ用リアサイト取付け (2009-09-01 02:23)
 自作レーザーグリップ for WA Para HRT (2009-08-14 02:23)
 SIG GSR (2009-05-02 14:27)

Posted by e@g1e  at 00:37 │Comments(2)ハンドガン

この記事へのコメント
こんばんは、お久しぶりです。
ハンドガンに大げさな光学機器を載せると色々バランスが狂い易いですが、
こちらは夜戦で使い易そうな上に見た目もスマートで良い雰囲気ですね。
しかもトリチウム仕様とガジェット的にも素敵。

>この度遂に米国からXSサイトさん達が届いたので、
"達"が気になります(^^
Posted by lee at 2007年12月22日 23:33
どうもお久し振りです。
蓄光タイプと違い、自然発光なので夜戦でうっかりライトを当て忘れて
ここぞという時にサイトが見えないという事が無いので気に入っているのですが
やはり実銃用の為か若干上向きに狙わないと狙った所に飛ばなかったりします。

他にも3種類ほど買い込んだので、そのうちインプレ致します(^^)
Posted by eag1e at 2007年12月24日 23:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。