2009年05月22日

マモーでヘンシン!Vltor VIS-1

それは3月頃の昼戦で殺人サンタさんを相手に約2mの濃いブッシュ越しに
自慢のハイサイクルVIS-1カスタムM4高速弾倉交換を実演している時に発生しました。

「ヘンシン!ギュィィィィイイイイイイン!!!」
そうです。戦闘中に銃が故障してしまったのです・・・。

てっきりいつもと同じようにピストン最初の歯が掛けたとばかり思っていたのですが
メカボックスの中身を空けてみて驚愕しました。


ライラクス製強化ギアセットのベベルギアのスパーギアと当たる歯が綺麗に全て欠けているではありませんか!
これは今までに無かった事なので、注意深く原因を調査していた所・・・。


ベベルギアの軸受けが盛大に「磨耗して偏芯」していました。
もうマモーでヘンシンとしか言いようがないです(^^;

この軸受けはKingArms製の7mmメタル軸受けで、以前HK416に搭載していた7mmベアリング軸受けが
壊れた時にベアリング軸受け自体が信用出来なくなったので、替わりに搭載していたものでした。
メタル軸受けはベアリング軸受けに比べて金属の塊なので耐久性が高いはずなのに・・・。

試しにヤスリで削ってみた所、割と簡単に傷が付きました。こりゃダメなはずだ(^^;
他に7mmメタル軸受けといえばStar製のステンレス製軸受けぐらいしかないようなので
さっそくガンショップFourStarさんで入手して交換しました。
ヤスリで試した所、KingArms製の物よりも少し硬かったので、多分大丈夫だと思います。



ついでにストックもVltor製E-MODストック(レプリカ)に換装しました。
ヤフオクで4000円程度で入手したこのストックは電動ガンのバッテリーが収納出来るように成っていなかったので、リューターで旨い事削って12Vのセパレートミニバッテリーを収納できるようにしました。

それもこれもスマッシーさんに
「実物のE-MODストックはクラブフットより少し長いのでバッテリーを収納するならお勧め」
と助言をして頂いたお陰で、今では大変満足しております。

日曜日のゲームはミリM4とこのVIS-1を持ってゆこうと思います。ウヒヒ





タグ :偏芯禁止

同じカテゴリー(内部パーツ)の記事画像
LCT AK105
GATE-1 エクストリームピストン
チタンピストン(終)
チタンピストン組込み!
チタンピストン@DeepFire
同じカテゴリー(内部パーツ)の記事
 LCT AK105"FSB"カスタム (2016-08-17 22:00)
 GATE-1 エクストリームピストン (2008-03-19 19:00)
 チタンピストン(終) (2007-10-09 22:46)
 チタンピストン組込み! (2007-07-13 00:50)
 チタンピストン@DeepFire (2007-07-12 01:04)

Posted by e@g1e  at 20:44 │Comments(5)内部パーツ

この記事へのコメント
へ、ヘンタイ!変体!変態!! …失敬、偏芯でしたか。

こんなツルツルなベベルギア、初めて見ました(笑
Posted by OXL at 2009年05月22日 21:45
どうもです~。
Japanese HENTAIギアのせいで軸受けがガバガバになりました!
ガバガバでツルツルです!!
Posted by e@g1e at 2009年05月22日 22:54
つ『ONE SHOT ONE GEAR』

いやいや。
お役に立って何より。次ギア飛ばす時はぜひわたくしめの真ん前で!(w)
Posted by スマッシー at 2009年05月22日 23:27
あの時は、バキバキで、ボコボコにされるところでした。
しばらく見ないと思っていたら、こうなっていましたか。軸受けは、基礎部分なので、これでは、たまりません!!魔亡(マモウー)です
Posted by 殺人サンタ at 2009年05月23日 02:12
>スマッシーさん
せめて「ONE YEAR ONE GEAR」ぐらいだと助かるのですが・・・。語呂もイイしネ!

>殺人サンタさん
さすがにあのブッシュは無理だろうと解っていましたが、あの時は例の動画を撮りたてで思わずハッスルしてしまいました。

軸受けはKA製とStar製を見比べてからKA製の方が綺麗に加工されているようだったので選んだのですが、綺麗に加工されているという事は材質が柔らかいからかもしれないという所までは頭が回りませんでした。
まぁせっかく買ったSystemaの強化メカボを生かすためなので仕方ないです。マモー!
Posted by e@g1e at 2009年05月23日 08:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。