2016年08月17日

LCT AK105"FSB"カスタム

よっしゃ!今日は満を持してご自慢のLCT AK105"FSB"カスタムを大紹介していきたい!!!

LCT AK105"FSB"カスタム


■参考にした写真

どのあたりが"FSB"っぽいかと言うと、ロシアのナウい銃器パーツメーカー"Zenit"社のパーツを使用しているのはモチロンですが、その他に「イスラエル」製パーツを多用している所が特徴です。

ロシアの銃器事情に詳しい方がTwitterで呟いておられたのですが、なんでも近年のロシア特殊部隊は最新の技術を学ぶ為に主に「イスラエル」へ訓練を受けに行っているそうで、その影響でCAAFAB Defence等イスラエル銃器パーツメーカーのパーツが多用されているようです。
--------------------------------------------------------------
■パーツリスト
本体:LCT AK105
ハンドガード:asura zenit B30 + B31 タイプ レールハンドガード
ダストカバー:TWI B33ダストカバーレイル
ストックパイプ:CAA AKSFSA ストックチューブ
ストック:CAA CBS+ACP ストック + チークレスト
ATPIAL:Zenit Perst-4
フラッシュライト;Zenit 2P-KLESH
ダットサイト:EoTech XPS2-0
ブースター:EoTech Magnifier G33
--------------------------------------------------------------


■パーツ組み立て
まずasura製のzenit B30 + B31レイルハンドガードですが、残念ながらLCTのAK105(104)にはそのままでは装着できません。face08
それというのもLCTのAK105(104)はブルガリア製が元になっているらしく、ガスブロックがブルガリアスタイルの形状で、フラッシュハイダー固定ピンブロックが横に大きく張り出しているためです。

それなので、干渉する部分を画像のように削る必要があります。

※あまり削りすぎるとスプリングが飛び出して固定できなくなるので注意です!

次にストックパイプですが、そのままではメカボックス後部が干渉してしまうのでそこを削る必要がありました。



実物の高価なパーツなので、削るにはとても勇気が必要です!!

あとはTWI製B33ダストカバーレイルですが、他メーカーのハンドガードレールを使用している為かフレームとのかみ合わせが少しずれてしまい閉じる事ができなかったので、レールハンドガード基部にかさ上げ用のプラ板を貼り付けて調整しています。

ただ、いつもお世話になっているgunshop FOXさんのFacebookに掲載されている全てTWI製パーツで組んだAKの画像を見ても同じような加工がされているので、これはTWI製B33ダストカバーレイルのほうが寸法がずれているのだと思いますface07

そのような試行錯誤の末にやっと完成しました!






外装だけでなくメカボックス内部もDSG + FCUという超ハイレスポンスカスタムを行い、搭載した光学機器類のおかげで「遠近両用、昼夜兼用」のまさに「FSBさいつよカスタム」に仕上がりました!!!icon01


・・・が、元が重たい銃でさらに光学機器類の付け過ぎで非常に重たくなった為に普段のサバゲでは使いづらく成ってしまったので実はあまり出番は多くなかったりしますicon04

それなのでサバゲでも実用的な軽くていい感じの「FSBカスタムAK」を別途作成する事になるのであった…。

つづく

  

2016年08月16日

FSBパッチ「ルーン文字」の謎を追え

FSBスペツナズ隊員が個人的に服や装備に貼り付けている「ファニーパッチ」ですが
よく見るとたまに「ルーン文字」が書かれた物があります。

今回はその「ルーン文字」が何を意味するのかについて調べてみました。

■基礎編
「ルーン文字」には色々種類があるようですが、
FSBパッチでは「古代スラブのルーン文字」が使用されているようです。



参照:「旧ロシアのルーン」 http://www.listname.ru/gadanie/runy/russkie-i-ix-znachenie.html
上記サイトによるとルーン文字にはそれぞれ意味があり、それぞれキリル文字に変換が可能です。

■パッチ:「つよいせんし」



これは有名なパッチで、ebay等でもよくレプリカが販売されているので見た事がある人も多いと思います。
このルーン文字をキリル文字に変換すると「СТД」「СТДМ」と成ります。
「СТД」や「СТДМ」で検索しても特にそれらしい検索結果は出てこないので、これは文字1つ1つに意味を持たせてるのだと思います。
---------------------------------------------------------------------------------------------

С:強度のルーン、無限の活力の実施形態、意志。
Т:Trebaは、男らしさを象徴し、それは保護と幸運を意味し、紛争を解決するのに役立ちます。
Д:愛、お金、生活:サインDazhdbogは、すべてのものに良いを告げます。
М:この記号は、悪からの保護を提供します。
---------------------------------------------------------------------------------------------
無理やり日本語にすると「平和を守る強い戦士」といった所でしょうか?face01


■パッチ:「Иду на Вы」



このFSB隊員が腕に付けてるパッチはラザフォトにたまに映ってて凄く気に成っていました。

そしてパッチ下部のルーン文字の意味ですが、上記のサイトを参考にキリル文字に直すと「идунави」と成ります。
これも検索しても数件しかhitしなかったのですが、明らかに何か意味がありそうだったので
いつもお世話に成っているロシアの方に「идунави」について尋ねてみると
大変興味深い事実を教えて頂けました!!
---------------------------------------------------------------------------------------------
「идунави」は古いロシア語では「Иду на Вы」となり、下記を意味します。

"Иду" は "Go" (I go) または "come"
"на" は "to"
"Вы" は "you"

直訳すると「私はあなたに行きます」という意味で、
これは942年- 972年頃のキエフ大公国「スヴャトスラフ1世」の伝説的なスローガンです。

スヴャトスラフ1世は自国の中心で政治に励むよりも、常に戦陣に立って戦うことを好む君主であった。
そして敵を襲撃する前に使者を送ってただ一言「私はあなたに行きます」と伝えた。
これは敵を心理的に動揺させてパニックに陥らせた。

参照:wikipedia 日本語版 英語版
http://xn----ctbibqemlceahmok5omc.xn--p1ai/37-chto-oznachaet-vyrazhenie-idu-na-vy.html
---------------------------------------------------------------------------------------------
つまり宣戦布告の意味だったんですね。某歴史ゲームの場合だと
「貴公の首は柱に吊るされるのがお似合いだ」でしょうか?(笑)

このパッチはとても欲しすぎたのですが、入手方法は個人製作のレプリカが「VK」で売られているのみだったようなので、今回和歌山県の「刺繍屋」MOKOさんに製作をお願いしました。

なんという素晴らしい完成度でしょう!グヘヘ

是非皆さんも入手困難なパッチがあればMOKOさんにお願いすると良いと思います!(ステマ)

刺繍屋さんのサバゲブログ
http://mokoyamashita.militaryblog.jp/

  

2016年08月02日

現用ロシアミリフォト「ラザフォト」一括ダウンロード

今日は現用ロシアタクティカル装備ファン必見の通称「ラザフォト」についてご紹介していきたい!

「ラザフォト」とはロシアの写真家「コンスタンチン・ラザレフ氏(神)」の撮影した写真で、
主にロシアのFSB、MVD、SOBRスペツナズ等を撮影したミリタリーフォトです。

そしてそのラザフォトには射撃競技会などで大活躍している
非常にカッコいい本物の現役スペツナズ隊員とその装備が鮮明に写っているのです!



※あくまで射撃競技会などの画像であり、実戦装備とは少し異なっているようなのでご注意下さい。

その我ら現用ロシア装備愛好家には聖典にも等しい「ラザフォト」ですが、最新の写真はロシア版FaceBook「VK」で公開されています。

・コンスタンチン・ラザレフ氏のVK公開アルバム
https://new.vk.com/albums123450606


公開されているアルバムは上記サイトの「Show all *** alnum」という部分をクリックすると表示されます。


そして見たいアルバムをクリックするとアルバム内の画像一覧が表示されます。
その中の見たい画像をクリックするとその画像が表示されます。


大きな画像を見たい場合は下部にある「MORE」というリンクから「↓Open original」をクリックすると一番解像度の高い画像が見れます。


とても貴重な写真ばかりで思わずPCに保存したくなる事必至なのですが、
このように1枚づつ表示して保存するのは大変手間が掛かるので、
今回はFSB変態野郎軍団現用ロシア装備愛好家の為に
アルバムごとに一括してダウンロード可能なスクリプトを作成(改造)しました!!!



■「VK album downloader」でのアルバム一括ダウンロード方法
---------------------------------------------------------------------
1.まず「Tampermonkey」というユーザースクリプト実行用のプラグインをインストールします。

・chromeの場合
「Tampermonkey」
上記のURLを開いて「+CHROMEに追加」を押せばOK!

・firefoxの場合
「Tampermonkey」
上記のURLを開いて「+Firefoxに追加」を押して指示に従ってOKボタンを押していけばOK!

※参考:Google ChromeへのTampermonkeyのインストールと基本的な使い方

---------------------------------------------------------------------
2.その後、「VK album downloader」をインストールします。

「VK album downloader」

---------------------------------------------------------------------

「VK album downloader」がインストールされた状態でVKのalbumページにアクセスすると、アルバムタイトルの下に「Create .zip」ボタンが表示されるようになります。

表示されている「Create .zip」ボタンを押すと初回はスクリプトの実行許可を求める画面が表示されるので
「+ Always allow domain」を選択して実行を許可します。

すると現在表示しているアルバム内の画像を最大解像度で取得してZIPファイルに圧縮されます。


下のバーが右端まで伸びきって「File ready!」のリンクが表示されればそれを押すと
ZIP圧縮されたアルバムの画像ファイルのダウンロードが始まります。

※「Create .zip」ボタンが表示されない、途中で止まる等の場合は更新ボタンを押して再読み込みしてみて下さい。


これでおっきな「すぺつなずがぞう」をいっかつほぞんできるよ!やったね!!



  

2016年07月31日

5/8 米露合同演習 in アキノクニスタン(HAZARD広島)

去るゴールデンウィーク最終日に広島のアキノクニスタン(HAZARD広島)で開催された
「米露合同演習」の模様を今更お伝えしていきたい!!!

当日は九州フクオカ共和国にお住まいの同志「バカーチン少尉」殿の呼びかけで
九州、中国、近畿そして関東からロシア、アメリカ現用装備愛好家の変態野郎共皆さんが大集合していました!

■当日大集合した変態野郎共皆さん

なかなか極まった現用装備愛好家の変態野郎共皆さんですね!!

当日会場に到着してまず驚いたのが、HAZARD広島のロケーションです。
以前に開催されたハルマゲドンさん主催の「第一回ギアログ広島」の会場となった
サバイバルゲームフィールド「Arum」さんでもそのスケールに度肝を抜かれたのですが、
今回の「HAZARD広島」さんも本当に物凄いフィールドでした。face08

■HAZARD広島



なんだか広島だけ物凄くフィールドに恵まれてる気がするので羨ましいですね!

当日は午前中はサバイバルゲーム、午後はシューティングマッチと撮影会というスケジュールで進行しました。
シューティングマッチの的は不肖私が「達人くん」を加工して用意しました!
GW中に製作してたのですが、さすがに6台も用意するのは疲れました(^^;



■当日のわし



TsSN FSB "Alfa"っぽい装備です。
イヤーマフは後ろにしたままずっと忘れてました…。後イヤーマフパッチはちょっとアレンジしすぎですねw
他にもピストルベルトキットを家に忘れてきたりと色々アレでしたが頑張ってFSB変態野郎軍団に混ざってきました!


■当日のFSB変態野郎軍団とその仲間達













■シューティングマッチ







優勝はまさかの1分切りの「クマノリ㌠」。ウガキさん、seomさん、しけちょーさん、クマノリさんおめでとう!!!
あと同志バカーチン少尉殿、審判ありがとうございました!

■お楽しみのアレ




ウガキさんの生逮捕が見れて良かったです(笑)

■動画
2016.5.8 米露合同演習 in アキノクニスタン(HAZARD広島)


激録!連邦保安庁24時 仁義なき闘い in 広島


8th May, 2016 at Hiroshima


当日はプロのカメラマンの方や一眼レフやソ連製レンズ装着カメラを持ち込まれた方々のおかげで最高の写真を撮影して頂けました。
その為写真サイズは8GBを超えるので、とても全部は紹介しきれませんw

当日一緒に遊んで頂けたロシア、アメリカ現用装備愛好家の変態野郎の皆さん本当に有難う御座いました!!!


  

2016年01月24日

1/17 米露決戦 in TRENCH

1/17に開催されたイベントゲーム決戦」に参加してきました!

会場は塹壕や橋などを有したかなり雰囲気の良い屋外型フィールド「TRENCH」さんだったのですが
募集開始後約2時間で米軍側ロシア軍側共に定員に達してしまったそうです。

米軍側は解るのですが、ロシア軍側も埋まってしまうとは本当に驚きでしたw

■主催者:PGN氏とAdachi

このお二人と「TRENCH」さんの協力のお陰で当日は大変楽しく過させて頂きました。
このような楽しいイベントを企画して頂いて感謝です!

■物販
「ADDICT」さん


オリジナルのパッチや無線機関連の商品を販売されていました。
パッチ類はリクエストがあれば作成可能との事ですので、自分もほぼ入手不可能な「ベラルーシKGBパッチ」をお願いするかもですw
また当日は数々の素晴らしい写真を撮影して頂き大変有難う御座いました!

フリーマーケット

皆さん実物の衣類や装備を大量に持ち込んでいて大変賑わっておりました。
自分のチームメイトも色々ロシアグッツを買い込んで、もう抜け出せないぐらい深い所までロシア沼にはまってましたw

■当日の同志達
「山岳フローラ」




Twitter上で山岳フローラ迷彩服が流行ってた(ように見えた)ので、思わず自分も参加しました。流行には敏感なんだぜ!
あと自撮りニコフ棒は仲良し感が出てとても良いと思いますicon01

「デジタルフローラ」

礼儀正しい人々!
迷彩服だけなら色々なフィールドでたまに見かけるのですが、ここまでちゃんと装備が揃った人がこんなに集まるとは…。
やはりイベントのならではの醍醐味です。

「ゴルカ」

寒いときにはコレ、山岳服「ゴルカ」
チームメイトの大半がロシア装備にはまるきっかけとなった映画「オーガストウォーズ」っぽい装備をされてる方も居て個人的にとても嬉しかったです。

「SURPAT」

主にFSBや内務省等のスペツナズで使用例が見られるサバイバルコープス社製の「SURPAT」迷彩服です。
4人も揃うと壮観ですicon01

「アフガン装備」

で、でた!アフガン装備!!しかもチーム名が「ソ連空挺軍第9隊」(意味深)
皆さん装備も凝っていてかっこよかったのですが、ゲームのほうもベテラン揃いで凄かったです!

「オールドスクールFSB」

2004年頃のオールドスクールな感じで合わせようという事でしたが、テーマがぼやっとしていた為
自分を含めて皆さん思い思いの装備だったので統一感は無いですが、これはこれで雰囲気が出てるのでは?と思っています(^^;
もし次回もやるなら服かヘルメットかを統一したいですね!

「その他」

チェチェン期頃のFSB、内務省隊員との事です。うーん、泥臭いソビエト・ロシアな感じが良いです!

当日のわし



山岳フローラ&オールドスクールFSB
TIGヘルメットを活用できて幸せでしたface01

当日のチームメイツ







チーム内にロシア装備の人が増えてとても嬉しいです。
あと真顔のプー様が怖いですw

■動画
本編:米露決戦inTRENCH


おまけ1:魔弾の射手(1 SHOT 2 KILL)


おまけ2:米露決戦 英語禁止ルールの悲劇

当日は動画撮影班のつもりでずっとアクションカメラを回していたのですが、
残念ながらかなり下向きにカメラが向いていたので、思ったよりいい所は映せてませんでした…。
次回はより工夫して撮影したいと思います!


米露決戦は次回は秋ごろに予定しているとの事ですので、本当に今から楽しみですicon21

<写真提供>
ADDICT tactical equipment works KEI様
nimograph様  

2015年12月31日

12/20 ギアログ広島

去る12/20に開催された装備系ゲーマーの集い「ギアログ広島」に参加してきました!

まず度肝を抜かれたのが会場となったサバイバルゲームフィールド「Arum」併設の「広島ベース」さん。


コンテナとか水陸両用車とかもう非日常的な風景が物凄かったです…。


サバイバルゲームフィールド「Arum」さんは元工場?の建物内インドアフィールドなのですが
インドアフィールドにしては広すぎる3階建て構成のスペースと、いい感じに抑えられた照明で凄い雰囲気が良かったです!

「ギアログ広島」主催の「HARUMAGEDON」氏

10年以上もSEALs装備を研究されている方で、
「地元広島でも装備に興味を持った装備系ゲーマーが少しでも増えて欲しい」
との熱い思いで「ギアログ広島」の開催決意されたそうです。素晴らしいです!

当日はセミオートオンリーの無限復活戦で「復活した味方の少ないほうが勝ち」というルールでした。
またマガジンはリアルカウント推奨、無ければ多弾数1本でも可との事だったので
ノーマルマグの手持ちがあまり無かった事もあり、無限復活で弾込めのし易い多弾数マグで参加していました。

が、なんとお昼休憩までに持ち込んだ銃が2挺共故障してしまいました(^^;
やはり多弾数マグを使った罰が当たったのか!w


当日のわしら

左(いーぐる):ロシア射撃競技会でよく見る米国装備満載のFSB隊員。肩のロシア製ライトがおしゃれポイントやで!
右(チームメイツ):田舎地域特殊任務課ROSN風の隊員。これぞロシアって感じですね。

憧れのバカーチン少尉殿

現用FSB Alfa装備の第一人者の同志バカーチン少尉殿とご一緒させて頂きました。
FSB官品迷彩服といい自分の米国成分多めの装備とは一味違う装備でやはり凄かったです。
あとお仲間の方との掛け合いが凄い面白かったですw

大阪組:よねさんとグフさん

内務省スタイルで参加されていて、グフさんの全身Surpatがシブいです!
よねさんもSurpatを注文していたけど残念ながら間に合わなかったとの事でしたw

DRT-3さん

なんと偶然現地でお会いしました、いつもField9でご一緒させて頂いているK隊長殿です!
まさかこんな偶然があるとは…。野戦SEALs装備がシブイです。
某暴年会では大変お世話になりましたw


ゲームの結果ですが、我々Cチームは見事3位入賞を果たしました!

※画像は残念ながら惜しくも2位にも3位にも入れなかったAチーム(SEALs)

…。
まぁ、全部で3チームしかなかったんですけどねw

というかAチームには散々な目に遭わされました。SEALs絶対許さない。絶許!



今回初めて本格的な装備系のイベントに参加しましたが、物凄く楽しめました。
また機会があれば是非参加させて頂きたいですね!

おまけ

おうちに帰ってアーマーにファブリーズぶっかけるまでが装備系サバイバルゲームです!  

Posted by e@g1e  at 23:47Comments(2)サバイバルゲームイベント

2015年11月07日

COMTAC2を3に、そしてXPにバージョンアップ!

今日はロシアンタクティコーなヘッドセットの話をしていきたい!!☭☭☭

ロシア連邦保安庁の特殊部隊「アルファ」等が参加する射撃競技会の画像を見ていると
だいたい共通して使用しているヘッドセットがコレ「COMTAC XP」です。

詳しく調べた訳ではないですが「COMTAC XP」は米特殊部隊等でよく使用されている「COMTAC 3」の民間向け製品のようで、
大きな違いは色と"3M PELTOR COMTAC XP"ロゴの有無です。

※上「COMTAC 3」 下「COMTAC XP」


本当にほとんどのアルファ隊員が「COMTAC XP」を装着しているので、これは個人の私物ではなく部隊からの支給品なんだと思います。

そんなこんなで早速自分も「COMTAC XP」を採用しようとしてレプリカのヘッドセットを探したのですが、残念ながら存在しませんでした…。
「COMTAC 3」なら一応あるのですが、本体の値段が高くレプリカPTTに対応してないのでかなり敷居が高いです(^^;

そこで「なければ作る」の精神で「COMTAC 2」レプリカを改造する事にしました。icon01

「COMTAC 2」「COMTAC 3」の違いは中央の窪みの有無と電池ボックスの大きさ・形状です。
(COMTAC 2は単3電池、COMTAC 3は単4電池使用です)
今回はおおまかに似てれば良しとするので、改修の大変そうな電池ボックスは放置して窪みだけなんとかします。


■用意したもの
・Z-TACTICAL製「COMTAC 2」レプリカヘッドセット
・WAVE ミリプット エポキシパテ グレードS
・タミヤカラースプレー オリーブドラブ1
・平やすり
・耐水ペーパー #600 #1000


①まずはエポキシパテで窪みを埋めます。
WAVE ミリプット エポキシパテ グレードSは少し値段が高いですが、ほかの物よりきめ細かく硬化後はかなり固くなるので削りやすいです。


②そして平らになるまでおおまかに金属用の平やすりで削って、仕上げに耐水ペーパーで整えます。


③その後タミヤカラースプレーで着色すれば「COMTAC 3」(っぽいやつ)の完成です!


あとは"3M PELTOR COMTAC XP"ロゴをなんとかすれば「COMTAC XP」の完成なので
まずは「ミラクルデカール ホワイト」という自作デカールキットでロゴを作成しました。icon01


しかしどうしても本体とデカールの色違いが気になって結局使わないことにしました。
(デカールはサバゲの大先輩に作成して頂いたのですが、結局使わず申し訳ないです…)


ちなみに背景がクリアタイプのデカールだともっと酷い事になりますw


・・・。

こうなったらアレしかない…。「筆で直書き」だ!!!!w


「ヘアッ!!!!」


ちょっと大きく描きすぎたぜ!!!w


ヘルメットに付けてみた所です。
さすがに良く見れば全然違うのですが、サバゲなどで遠くから見られる分には雰囲気は出ていなくもない気がしますw


■おまけ
ここにシール作成時の画像データを置いておくので
どなたか完璧なシールを作成して僕に下さい!w



  

Posted by e@g1e  at 17:19Comments(2)装備類ソビエト・ロシア関連

2015年11月03日

ソビエト・ロシア的メッシュゴーグル

今日はソビエト・ロシア的にハラショーなサバゲ用メッシュゴーグルを作成したので是非大紹介していきたい!!!!

ベースとなったのはこのゴーグル。
GRUスペツナズ?の人や海軍の人に大人気なアレ(正式名称不明)です。





これを使わなくなったメッシュゴーグルと2身悪魔合体じゃ!!!


ヘアッ!



できた!大完成!!!!!
う~ん、今まで使ってた堕落した資本主義的メッシュゴーグルに比べて思想的に正しい感じがする!☭☭☭


これでまたソビエト・ロシア的にいけてる装備が揃ってしまった…。グフフ




※お兄さんからのお願い
ゴーグルはサバイバルゲームで目を保護する大切な防具です。
ご自信で試される方は壊れないか十分に注意して、自己責任で実行して下さい。


<22:43 更新>
耐久性についてご指摘を受けたので30cmの距離から初速93m/sのフルオートで0.2gのBB弾を10発ほど撃ち出してみた所
革の部分やメッシュ部分は大丈夫でしたが、レンズを支えるプラ部分に亀裂が入ってしまいました。
うーん、これは確かにサバゲで使うのはちょっと怖いかもです…。


  

Posted by e@g1e  at 16:18Comments(0)装備類ソビエト・ロシア関連

2015年11月01日

VSSチューニングその2(光学機器搭載)

長らくお待たせ致しました。今回はVSSへの光学機器搭載のお話です。

もはや有名な話ですが、LCT製のVSSやAS VALはロシアのNPO AEG社の旧型VSSをパクった為に
PSO-1やPOSPスコープを搭載しようと思った場合、スコープ下部のレティクルイルミネーションバルブ付近が干渉して装着できません。



バルブを外せば一応取り付け可能ですが、やはり少し干渉するのでレティクルが少し斜めに傾いてしまいます。

これはパクる前に解ってた事でしょうから設計時にその部分を少し変更してくれれば良かったのですが
某ガンショップの店長さんによると、残念ながらLCTの社長は別に銃が好きな訳ではなくただ金になるからガーダー、イノカツ時代の設計を引き継いでAKを作ってるだけらしいので特に何も考えずその不具合もそのままコピーしちゃったんでしょうね…。

それはともかくNoobArmsさんの助言で作られたVSSのそんな不具合を解消する嵩上げマウントがLCTから発売されているので
それを試してみたかったのですが・・・残念ながら自分のPOSPスコープは超強力な接着剤で接着されているらしく
どうやってもマウントが外れませんでしたface07



そこで別のウホウホを考えていると…、たまたま入手したロシア製VOMZ AK 30mmサイドマウントがVSSに最適な事を発見しましたicon01

「ウホッ、いいマウント。」

VOMZ AKサイドマウントはAK用と言いながらなぜか中心がSVDやVSSに合うように左に4mmほどオフセットされています。
じゃあSVD,VSS用なのかと言うと、サイドレールの一部が貫通していないのでやはりAKにしか使えないという
普通にAKに使うと中心がずれる残念なマウントなのですが、
サイドレールの一部を削って貫通させればVSSに最適な30mmスコープマウントに大変身するいいマウントなのです!



見事にスコープの中心が銃の中心に来ています。ビューリフォー…。

ちなみに搭載しているのはフロンティアで特売しているライト光機製「2.5-7×32mm ショートライフルスコープ 1インチ径」です。
これは軽い、明るい、可変倍率と3拍子揃ったスコープでこれより良いサバゲスコープはなかなか無いと思います。


スコープを搭載しての全体のバランス的にもいい感じじゃないでしょうか?

これで自分のVSSの光学機器選定は完了です。やったね!icon01  

2015年10月31日

10月18日 トレンチ 装備御供養会2015秋

去る10/18(日)大阪府南河内のサバゲフィールド「トレンチ」で開催された「装備御供養会2015秋」に参加してきました。
主催のPGNさんによると「夏の猛暑で着られなかった軍装品を着てあげて供養しましょう」といった趣旨で「装備御供養会」だったのですが
実際にはTwitterで仲良くしてるみんなと凝った装備でサバゲしましょう!って感じでしたw

■当日のワシ


装備供養という事で入手してから殆どサバゲに持っていってなかった装備達です。
ソ連製の水筒とリストコンパスがおしゃれポイントなんだぜ!


■チームメイトの皆さん







■ロシアンタクティカル勢




皆さん非常に凝った装備で見ているだけで楽しかったですw

また是非参加したいですね(^^)  

2015年07月20日

7月18日 FRONT LINE能勢 ロシア装備愛好家交流会

次回は「VSSチューニングその2(光学機器搭載)をお送りしたい」と言ったな。 あれは嘘だ。
(すみませんそのうちやります…。)

それはさて置き、7/18(土)に大阪能勢に新しくオープンしたサバゲフィールド「FRONT LINE」さんに行ってきました。

当日はTwitter上でお世話に成っているロシア装備の愛好家達との交流会だったのですが、前日の台風11号の影響により大量の雨が降ったため各地で交通規制が敷かれたりで「ちゃんと現地までたどり着けるの?」「本当にサバゲやるの?」状態でした。

そんな状態のなか真のサバゲ好き?な30名以上の方々が集まって無事開催されました。

■当日参加された皆さん (画像はFRONT LINEさんより拝借)

  » 続きを読む

2015年02月11日

LCT VSS チューニングその1(精度向上+消音化)

今日はLCT製VSS「ヴィントレス」精度向上消音化の方法をご紹介したいと思います!

LCT製のVSSは全鉄製+お得意の表面処理のお陰でもの凄いリアルに仕上がっています。

また、内部パーツにはマルイ互換のチャンバー、メカボックスを使用しているので某他社製品のような変な不具合も無く
そのままでも"安心"な一挺に仕上がっています。icon01


しかし構造上サプレッサーの先端までインナーバレルが来ているせいでせっかくのサプレッサーが無駄に成っているのが残念な所です…。
http://noobarms.lazy1st.net/wp-content/uploads/2014/03/DSC_0855.jpg
※参考写真:NoobArmsさんのblogより

しかもそのサプレッサーは少しガタがあり、先端を持ってゆすると上下左右に5mmほど動いてしまいます。face07
その為伏せ撃ちなどでサプレッサーにテンションが掛かった状態ではバレルが曲がってしまい、命中精度に悪影響を与えてしまいます。

そこで「吸音材スペース確保」「バレル曲がり対策」の為に「バレル短縮&フローティング化」
を行いたいと思います!

  » 続きを読む

2015年02月01日

SSO製 MOLLEマカロフ用ホルスター

☭☭☭☭☭皆さん!マカロヴァんわ!!☭☭☭☭☭

マカロフ到着翌日の今日丁度ロシアよりマカロフ用のホルスターが届いたので是非大紹介していきたい!!!
■SSO製 マカロフPM用MOLLEホルスター

  » 続きを読む

2015年02月01日

マカロフ実物グリップ取り付け

☭☭☭☭☭皆さん!カラシニコ…マカロヴァんわ!!☭☭☭☭☭

「ついに ねんがんの マカロフを てにいれたぞ!」

いやー発売告知から凄い長かった気がします…。

  » 続きを読む

2014年12月29日

12月28日 京都サバイバルゲームフィールド "Field9" 撃ち納め会

前回の更新から4ヶ月以上経過してしまいました。お久しぶりです!

その間ネットワークスペシャリスト試験を受けて無事合格したり、
Twitterで知り合った同志達より色んな知識を教えて頂いたり装備を譲って頂いたりと、露系オタミリライフをエンジョイしていました(笑)

そんな中、12/28に京都 "Field9"さんの2014年撃ち納めサバゲ会に参加したのでその模様をお伝えします!!

当日はゲームバランス的に負け過ぎず、勝ち過ぎずで非常にバランス良くゲームが楽しめましたicon01

また敵側の赤チームに凄いノリの良い人が多く、CoDの「ジャガーノート」コスの方が居たり
銃が故障した為?木の枝にスコープをくくり付けた物やスコップや旗を振り回して突撃してくる人々が居たりで凄い面白かったですw
  » 続きを読む

Posted by e@g1e  at 21:27Comments(15)サバイバルゲーム

2014年08月17日

モガディシュの戦い デルタ装備考察

最近ロシア関連の記事ばっかりなので、たまには米軍関連の記事を書いていきたいと思います。

テーマは「モガディシュの戦闘」でのデルタ装備です。

「モガディシュの戦闘」と言えば、あの映画「ブラックホーク・ダウン」の題材となった戦闘ですね。

「モガディシュの戦闘」の発生した1993年10月3日は、ちょうど同じ日にロシアで「モスクワ騒乱事件」と呼ばれる
反エリツィン大統領陣営によるクーデーターを目的とした最高会議ビル占拠事件があったので、当時は全然注目されなかったようです。

それが今では「ブラックホーク・ダウン」の事は知ってても、「10月政変・モスクワ騒乱事件」は知らないという人が多いんじゃないでしょうか?
やはりメディアの力は凄いです(^^;

■ポール・ハウ様と、その仲間達

こうして見ると壮観ですね。映画「ブラックホーク・ダウン」のデルタ兵より装備に凄みが感じられます。
アーマーの胸に貼られたでかい米国旗パッチはこの頃からデルタの伝統だったんですね。
ヘルメットは映画と同じように全員ハーフカットのプロテックヘルメットのようです。

ブーツは全員官給品のデザートブーツみたいですね。
ちなみに同日一緒に戦ったシールチーム6のハワードEワーズディン一等兵曹はアディダスのGSG9ブーツを履いていたとの事です。

  » 続きを読む
タグ :デルタ


Posted by e@g1e  at 04:14Comments(13)装備類戦史

2014年08月16日

LCT AKS74N NoobArms Vintage加工

☭☭☭☭☭皆さん!カラシニコバんわ!!☭☭☭☭☭

やりました!遂にNoobArmsさんに加工を依頼していたLCT製 AKS74Nが帰って来ました!

既に同じようなLCT AK74MNを持っているのですが、「やっぱり木製のハンドガードがいい!」という欲望に耐えられずに
香港のWGC ShopというショップからLCT AKS74Nキットを個人輸入してしまいました。

そして早速組み上げたのですが、なんと言うか綺麗すぎてちょっといまいちだったんですね。

そこでNoobArmsさんにVintage加工とウェザリングを依頼する事にしました。
(香港から到着して2日後には自分の家から旅立っていきました^^;)


■依頼内容
・Vintage brownハンドガード上下
・ウッドダメージ加工
・ウェザリング


流石はプロの仕事です。いい感じにウェザリングされています!

自分でもスチールウールで加工出来ると思いますが、やはり「どこをどのように」ウェザリングしたら良いのか解らなかったので、
お手本用にNoobArmsさんにお願いして正解だったと思います。


  » 続きを読む


Posted by e@g1e  at 17:45Comments(8)カラシニコフ

2014年08月16日

ベスラン学校占拠事件 "ロシアの戦車"

「ベスラン 事実と神話」を見ていると”Русский Танк”(ロシアの戦車)とタグ付けされた画像があります。

ここに写っている人物はこのサイトに掲載されている彼の娘さん?の記事によると、
どうやら救出作戦中に亡くなられて、死後ロシア連邦英雄を授章されたドミトリー・ラズモフスキー中佐の弟である
"ヴィンペル"隊員の"Максим"(マキシム)氏らしいです。

15-46-15-(3-C5-U3-11)


記事によると、兄のドミトリー・ラズモフスキー中佐とはチェチェン、ダゲスタンやイングーシでも一緒に行動されたそうです。

  » 続きを読む


Posted by e@g1e  at 15:20Comments(0)ソビエト・ロシア関連戦史

2014年08月15日

ベスラン学校占拠事件 MVDスペツナズ

前回紹介した「ベスラン 事実と神話」というサイトの中でFSBスペツナズ"アルファ"と紹介されている画像があるのですが、
どうも被ってるヘルメットが「Altynヘルメット」ではなく「K6-3ヘルメット」みたいなんです。


  » 続きを読む


Posted by e@g1e  at 18:03Comments(0)ソビエト・ロシア関連戦史

2014年08月15日

ベスラン学校占拠事件(2004年9月1日~9月3日)

もうすぐロシアの北オセチア共和国ベスラン市のベスラン第一中等学校が占拠されて
1181人が人質となり、386人以上が死亡した
ベスラン学校占拠事件(2004年9月1日~9月3日)から丁度10年が経とうとしています。


未だに謎の多いこの事件なのですが、当時現場で何が起こったのかが「ベスラン 事実と神話」という
ベスラン学校占拠事件を扱ったまとめサイト(ロシア語)で現在でも活発に議論されているようです。

その「ベスラン 事実と神話」にて、今までに出回っている写真を
 ・撮影された時刻
 ・撮影された場所
 ・撮影された角度

を明らかにして時系列順に並べて解説しているページがあるので、今日はそのページの閲覧方法をご紹介したいと思います。

※リンク先には流血や死体画像などが掲載されています。それらが苦手な方は参照しないようにお願いします。
※またトップページにも記載されていますが、写真の解説が間違っている可能性もあるのでご注意下さい。

  » 続きを読む


Posted by e@g1e  at 15:09Comments(0)ソビエト・ロシア関連戦史